RIKEN/RIBF施設共用促進事業

課題分類

課題の分類

利用課題の区分は、「成果占有利用」と、 成果占有利用への移行を前提とした「成果非占有利用」に分類します。

   成果占有利用:有償利用  成果非占有利用:トライアル利用
対象

成果占有利用希望の利用者

RIBF共用促進事業で未実施の産業利用目的と認められた課題
料金  (実験施設構成別費
 +施設消耗品費) x 時間

 +実験消耗品費
 (施設消耗品費) x 時間
 +実験消耗品費
成果公表 成果非公開型。 成果は利用者が専有。利用日時、加速器、ビームライン、 ビーム種・エネルギーは、公開の対象ですが、利用者・企業名は非公開です。 成果公開型。 ビームタイム終了後に利用報告書を提出。報告書は当ホームページで公開されます。 尚、特許申請予定の場合は、報告書提出を2年まで延期可能です。
備考   「ビーム供給実績表」に未記載のビーム (核種、エネルギー、強度)をご希望の場合は、ご相談の上、 仁科センター側でビーム開発を行います。

「成果占有利用」(成果非公開型:有償利用)は、
施設利用による結果・成果は利用者の占有となり、公表の必要はありませんが、 実験施設構成別の利用費を頂きます。
「成果非占有利用」(成果公開型:トライアル利用) の対象は、
これまで当事業で実施されたことのない産業応用目的であると 産業課題採択委員会(略称「IN-PAC」)が認める課題です。 当事業で実施済みのトライアル課題については トライアル利用報告書 を参照ください。
重イオンビームやRIビームを産業応用に用いる斬新なアイデアをお持ちの方は、 成果非占有利用もご検討下さい。 利用料金の 一部が免除されます。
「知財権、成果発表」については、
上表の様に利用方法によって異なります。 詳しくはこちらをご参照ください。

申請課題の内容が学術的な基礎研究とみなされる場合は、この事業の対象ではありません。 学術研究を対象とする課題採択委員会に申請をしてください。 詳しくはRIBF User Guide の NP-PAC(原子核物理)、ML-PAC(物質・生命科学)をご覧ください。
● 利用目的が、半導体の照射試験 (半導体デバイスの重イオンビーム耐性試験) の場合は、成果非公開型の有償利用 になります。

成果 非占有 課題 の認定要件

非占有課題の場合、以下2点が義務付けられます。
(1) 課題審査で、課題申請書の内容についてヒアリングを行う
(2) 成果報告の義務と、報告書の公開
利用実施の都度、実験終了後利用報告書の提出と、 加速器プログレスレポートの投稿が義務付けられます。 これらの公表される報告書には、利用者名とその所属機関名を記して下さい。

課題分類の変更(非占有 ⇒ 占有型へ)

成果非占有の課題で採択された課題で、課題実施後に成果を占有する場合は、 課題終了後 60日以内の年度内(3月末まで)に申し出れば、 成果占有課題に変更することが出来ます。占有型から非占有型への変更は出来ません。
成果占有利用 変更届 兼 同意書 をダウンロードして、必要事項を記入し、 記名押印の上、産業利用開発チーム(当チーム)に提出してください。 本変更届を受理した場合、課題申請者に対し実験消耗品費以外の施設利用料を請求させて頂きます。 課題申請者は、60日以内に請求された金額を理化学研究所が指定する銀行口座に振り込んでください。 尚、振り込み手数料は課題申請者の負担とします。


料金表

施設利用料金の分類 (料金表)

施設利用料金は、利用する加速器・実験装置の分類、及び 「成果占有」「成果非占有」の課題分類ごとに異なります。

更新: 2022.03/21

 課題
種別
 例) 核種 MeV/u  施設種別  実験施設構成別利用費
 円/時間  (万円/日)
 消耗品費
成果占有
利用
1次
ビーム
 AVF単独   19,700円 ( 47.3万円) 施設消耗品
 14,800円/時
(35.5万円/日)

実験消耗品
(課題毎に
 個別契約)
 RILAC単独   48,400円 (116.2 )
1次
ビーム
C135,Ar95,Kr70  AVF+RRC   83,500円 (200.4 )
Xe39  RILAC1+RRC   114,200円 (274.1 )
Xe10.8  RILAC2+RRC   68,100円 (163.4 )
 RI
ビーム
 AVF+RRC+RIPS   116,600円 (279.8 )
22Na26.6  RILAC+RRC+RIPS   147,400円 (353.8 )
7Be4.1  AVF+CRIB  20,300円 ( 48.7 )
 成果非占有
利用
免除 実験消耗品

本年度(2022年度)4月1日以降の利用料金です。料金は消費税込みの金額です
●料金は時間単価計算で、時間は利用者が施設を利用した時間です。
利用料金は年度ごとに改訂されます。

「成果占有利用」では、 利用される加速器の種類・組み合わせごとに、 利用時間に応じて実験施設構成別利用費と消耗品費をいただきます。
「成果非占有利用」では、 施設利用料のうち実験施設構成別利用費を免除し、消耗品費(実験消耗品費)をいただきます。
「施設種別」については、 加速器・実験装置の構成をご参照ください。
「実験施設構成別利用費」は、 加速器の運転費と実験施設の運転費・消耗品費などで、施設種別により異なります。
「施設消耗品費」は、 加速器の運転に係る消耗品等の費用です。施設種別に関わりなく利用時間に応じて共通の金額です。
「実験消耗品費」は、 その利用課題に特有な消耗品の費用です。 詳しくは、課題申請の時に当チームと詳しい実験方法についてご相談下さい。