Centos8インストール前のヒント

1. CentOS 8 には CentOS-8 (1905)CentOS Stream の2種がありますが、通常の安定したサーバ向けの用途には CentOS 8 (1905) の方を使用します。 CentOS Stream は 開発者向けの rolling-release Linux distributions です。CentOS-8 (1905)のインストールには以下から dvd iso をダウンロードします。

http://ftp.riken.jp/Linux/centos/8/isos/x86_64/

2.ご注意 CentOS 8は2021年末をもって終了すると2020年12月に突如アナウンスされました。長期運用予定のサーバにはCentOS 8のご利用はお気をつけください。 https://www.centos.org/ https://blog.centos.org/2020/12/future-is-centos-stream/

CentOS 8利用者は、2020年12月末までに 1)CentOS Streamに移行する, 2)Alma Linux に移行する、 3)Rocky linux に移行する、 4)RHELに移行する などの移行処置が必要になると思われます。

2. CentOS 8をインストールするサーバが USB-boot に対応している場合(最近のサーバの場合)インストール用iso イメージは DVD-R DL に焼かずに UNetbootin あるいは rufusを使用して USBメモリ上に Bootable USB を作成した方が、高速にインストールできます。

3.CentOS 8での主な変更点は、アップストリームのリリースノートや、導入における検討事項をご覧ください。