Revision 81 as of 2021-05-31 14:53:07

Clear message
Locked History Actions

TexLive-2021-on-CentOS8

Tex Live 2021 on CentOS 8

このアーカイブを参考にCentOS 8 にTex Live 2021 (日本語対応)をインストールする。CentOS 7 / Scientific Linux (SL) 7でも同様。

使用可能なコマンド

以下のコマンドが使える。

日本語と英語に対応しているコマンド

コマンド

動作

使い方

入力ファイル

出力ファイル

platex

TeX ファイルのコンパイル

$ platex test.tex

test.tex

test.dvi

dvipdfmx

DVI から PDF ファイルを直接作成

$ dvipdfmx test.dvi

test.dvi

test.pdf

dvips

DVI から PS ファイルを作成

$ pdvips test.dvi

test.dvi

test.ps

ps2pdf

PS から PDF ファイルを作成

$ ps2pdf test.ps

test.ps

test.pdf

pdf2ps

PDF から PS ファイルを作成

$ pdf2ps test.pdf

test.pdf

test.ps

pxdvi

DVI ファイルビューワ

$ pxdvi test.dvi

test.dvi

-

evince

PS/PDF ファイルビューワ

$ evince test.ps
$ evince test.pdf

test.ps
test.pdf

-

gv

PS/PDF ファイルビューワ

$ gv test.ps
gv test.pdf

test.ps
test.pdf

-

gs

Ghostscript インタプリタ
(PS/PDF インタプリタ)

$ gs test.ps
$ gs test.pdf

test.ps
test.pdf

misc.


英語のみに対応しているコマンド

コマンド

動作

使い方

入力ファイル

出力ファイル

latex

TeX ファイルのコンパイル

$ latex test.tex

test.tex

test.dvi

xdvi

DVI ファイルビューワ

$ xdvi test.dvi

test.dvi

-

ここで、test.ps は PostScript (PS) ファイル、test.pdf は PDF (Portable Document Format) ファイル、 test.dvi は DVI(DeVice-Independent file format) ファイルを表す。

TeX Live 2021 のインストール

1. まず ISO イメージを保存するディレクトリ (どこでも良い) に移動し、wget コマンドで TeX Live 2021 の ISO イメージを近くのミラーサーバからダウンロードする。

$ cd "ISO イメージを保存するディレクトリ"
$ wget http://ftp.riken.jp/tex-archive/systems/texlive/Images/texlive2021-20210325.iso

2. 同じディレクトリに、ISO イメージをマウントするディレクトリを作る。

$ mkdir tex2021

3. ISO イメージのマウントとインストーラの実行には管理者権限が必要なので、su コマンドで root ユーザになる。

4. ISO イメージとマウントディレクトリがあるかを確認したら、ISO イメージをマウント。

# ls
texlive2021  texlive2021-20210325.iso
#
# mount -o loop -t iso9660 texlive2021-20210325.iso texlive2021

5.マウントディレクトリ内の install-tl を実行。Enter command: に対して I を入力するとインストールがスタートする。速いPCだと 10分くらいでインストールできる。

# ./texlive2021/install-tl
...
Enter command: I
...

6.インストール終了後、インストーラが出力したメッセージの最後を見ると、以下のように表示されている。このメッセージに従い PATH の設定をする。

Add /usr/local/texlive/2021/texmf-dist/doc/man to MANPATH.
Add /usr/local/texlive/2021/texmf-dist/doc/info to INFOPATH.
Most importantly, add /usr/local/texlive/2021/bin/x86_64-linux
to your PATH for current and future sessions.

7. platex がインストールされているか確認。試しに platex のバージョンを確認してみる。

$  platex -v
e-pTeX 3.141592653-p3.9.0-210218-2.6 (utf8.euc) (TeX Live 2021)
kpathsea version 6.3.3
ptexenc version 1.3.9

8.アップデートを実行しておく。少し時間がかかる。

# tlmgr update --self
# tlmgr update --all

pxdvi のインストール

ここを参考に pxdviをインストールする。 (2021.5.24時点で current(2021)版のpxdvi はまだないので2020 版をインストール)

# wget https://texlive.texjp.org/tltexjp-key.asc
# tlmgr key add tltexjp-key.asc
# tlmgr repository add http://texlive.texjp.org/2020/tltexjp tltexjp
# tlmgr pinning add tltexjp '*'
# tlmgr install pxdvi
# tlmgr path add
# cd /usr/local/texlive/2021
# ln -s texmf-dist texmf

gv のインストール

# dnf -y install epel-release
# dnf -y install gv

Ghostscript の最新版への更新と日本語対応

Tex Live 2020 から、dvipdfmx / dvips での日本語フォント埋込の既定値が「IPAex フォント」から「原ノ味フォント」に変更された。 Ghostscriptもこのため最新版に更新し、cjk-gs-integrate スクリプトを実行する必要がある。

まず Ghostscript(gs) を最新版 (9.54.0 以降) にupdate する。 https://www.ghostscript.com/download/gsdnld.html から、最新版のGhostscript の Source for all platforms を Download、展開し、configure, make, make install する。(Default の /usr/local/bin/ にインストールする)

# wget https://github.com/ArtifexSoftware/ghostpdl-downloads/releases/download/gs9540/ghostscript-9.54.0.tar.gz
# tar xf ghostscript-9.54.0.tar.gz
# cd ghostscript-9.54.0
# ./configure
:
# make
:
# make install
:

これで最新版の gs が /usr/local/bin にインストールされた。念のため aliase も定義しておく

# ln -s /usr/local/bin/gs  /usr/local/bin/ghostscript

確認のため

$ gs -help 

を実行すると

GPL Ghostscript 9.54.0 (2021-03-30)
Copyright (C) 2021 Artifex Software, Inc.  All rights reserved.

Search path:
   %rom%Resource/Init/ : %rom%lib/ :
   /usr/local/share/ghostscript/9.54.0/Resource/Init :
   /usr/local/share/ghostscript/9.54.0/lib :
   /usr/local/share/ghostscript/9.54.0/Resource/Font :
   /usr/local/share/ghostscript/fonts :
   /usr/local/share/fonts/default/ghostscript :
   /usr/local/share/fonts/default/Type1 :
   /usr/local/share/fonts/default/TrueType : /usr/lib/DPS/outline/base :

とかと出力される。 次に以下を実行する

# cjk-gs-integrate --link-texmf --cleanup --force
cjk-gs-integrate: reading font database ...
cjk-gs-integrate: searching for Ghostscript resource
cjk-gs-integrate: going to clean up /usr/local/share/ghostscript/9.54.0/Resource
cjk-gs-integrate: cleaning up all links, snippets and cidfmap.local ...
cjk-gs-integrate: removing cidfmap.local from cidfmap file ...
cjk-gs-integrate: removing snippets and cidfmap.aliases for font aliases ...
cjk-gs-integrate: removing cidfmap.aliases from cidfmap file ...
cjk-gs-integrate: running mktexlsr ...
mktexlsr: Updating /usr/local/texlive/2021/texmf-config/ls-R... 
mktexlsr: Updating /usr/local/texlive/2021/texmf-dist/ls-R... 
mktexlsr: Updating /usr/local/texlive/2021/texmf-var/ls-R... 
mktexlsr: Updating /usr/local/texlive/texmf-local/ls-R... 
mktexlsr: Done.
cjk-gs-integrate: finished
# 

これで Ghostscript(gs) が、Tex Live 2021 で日本語に対応するようになった。